気になること気ままに備忘録|WEBWALKER NOTE

奥田英朗 小説 全作品を刊行された順番で紹介(1)

奥田英朗 小説 全作品を刊行された順番で紹介

奥田英朗さんの小説 全作品を刊行された順番に紹介します。
肩の力がすっと抜けて気持ちが楽になる清涼剤のような小説「空中ブランコ」で一気に奥田英朗ファンになった当サイト管理人が【素人目線で選んだ】奥田英朗 小説おすすめランキングも参考にご覧いただけると幸いです。

奥田英朗さんの最新作は「リバー」です。

奥田 英朗(おくだ ひでお)
1959年、岐阜県生まれ。
プランナー、コピーライターなどを経て作家活動に入る。
2002年『邪魔』で大藪春彦賞、04年『空中ブランコ』で直木賞、07年『家日和』で柴田錬三郎賞、09年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。

関連コンテンツ

【素人目線で】奥田英朗 小説おすすめランキング|奥田英朗を読むならコレ!

奥田英朗 小説おすすめランキング
奥田英朗さんの小説を読むならコレ!素人目線でとにかく面白い、おすすめ小説をランキング形式で紹介。

【素人目線で】東野圭吾の次に読むならコレ!

東野圭吾の次に読むならこの作品
東野圭吾さんの作品が好きな方が次に読むならこの作家!この小説!というテーマで紹介します。

<【素人目線】評価の目安>
本選びの参考にしてみてください。
星5つ
 :超おすすめ!面白い!泣ける!ぜひ全部読んで欲しい!
星4つ
 :奥田英朗ファンじゃなくても、おすすめの高評価
星3つ
 :奥田英朗ファンなら、とりあえず読んでおきたい外せない作品。
星2つ
 :イマイチかな?好みが分かれる平均点以下。
星1つ
 :読んでいる途中から失敗したと思った残念な1冊。。。

スポンサードリンク

1.B型陳情団

B型陳情団 新書
新書:1990年09月/文庫本:-
あなたに代わって世の中のアホに鉄拳制裁!
いわゆるひとつの「今どきの若いモン」の大逆襲。
イエーイとカメラに媚びる若者から、説教好きのオヤジまで巷に蔓延するカン違いを叱りまくる抱腹絶倒のエッセイ。
いまどきの世の中のカンチガイをB型人間のオクちゃんが徹底的にチクリチクリする大爆笑エッセイ。
青年の主張!A、O、AB型の方にもよく効きます。

「奥田英朗 B型陳情団」を探す


2.おれに訊くんじゃない―近そうで遠い男と女のハナシ

おれに訊くんじゃない―近そうで遠い男と女のハナシ 単行本
単行本:1992年08月/文庫本:-
男と女ってどうしてこんなに感じ方が違うんだろう。
永遠に解ききれないこの不思議を鋭くウォッチング。
ちょっぴり辛口、なのになぜか納得の、おもしろ本音エッセイ。

「奥田英朗 おれに訊くんじゃない」を探す


3.ウランバーナの森

ウランバーナの森 文庫本
おすすめ度星2つ
単行本:1997年08月/文庫本:2000年08月
その夏、世紀のポップスター・ジョンは軽井沢で過ごした。
家族との素敵な避暑が、ひどい便秘でぶち壊し。
あまりの苦しさに病院通いをはじめたジョンの元へ、過去からの亡霊が次々と訪れ始めた・・・・・・。
大ベストセラー小説「最悪」の著者が贈る、ウイットとユーモア、そして温かい思いに溢れた喪失と再生の物語。

「ウランバーナの森」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 ウランバーナの森」を探す


4.最悪

最悪 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:1999年02月/文庫本:2002年09月
「このミステリーがすごい!」入賞作品
不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢(あつれき)や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった3人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。
比類なき犯罪小説、待望の文庫化!
お先まっ暗、出口なし それでも続く人生か
小さなつまずきが地獄の入り口。転がりおちる男女の行きつく先は?

「最悪」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 最悪」を探す


5.邪魔

邪魔 文庫本 おすすめ度星3つ
単行本:2001年04月/文庫本:2004年03月
この小さな幸せは、誰にも壊させない
及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。 スーパーのパート歴1年。
平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。
恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。
日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。
・2002年版「このミステリーがすごい!」第2位
・第4回大藪春彦賞受賞

「邪魔」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 邪魔」を探す


6.東京物語

東京物語 文庫本
単行本:2001年10月/文庫本:2004年09月
直木賞作家が贈る青春グラフィティ
1978年4月、親の反対を押し切って上京した久雄は、バブル期を迎えた80年代の東京で、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく。
眩しくて懐かしい、青春グラフィティ。

「奥田英朗 東京物語」を探す


7.イン・ザ・プール

イン・ザ・プール 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:2002年05月/文庫本:2006年03月
第四回大藪春彦賞受賞、「このミステリーがすごい!」で「模倣犯」に次ぐ二位
注目を集める著者の、待望の刊行です。
精神科医・伊良部一郎。
彼のもとを訪れる悩める者たちは、誰もが驚き呆れる。
「どっちが患者なのか?」。
水泳中毒、ケータイ中毒、慢性勃起症状・・・・・・、患者たちは稚気溢れる伊良部の姿に、己の深刻なる悩みがバカらしくなり、やがて・・・・・・現代世相の病理を、コミカルかつ軽妙な筆致で描き出した怪作。

「イン・ザ・プール」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 イン・ザ・プール」を探す


8.延長戦に入りました

延長戦に入りました 文庫本
単行本:2002年08月/文庫本:2003年06月
汗も流さず、涙も見せず、おまけに根性もなくて、スポーツ無責任観戦。
ボブスレーの二番目の選手は何をしているのか?
と物議を醸し、がに股を余儀なくされる女子スケート選手の繊細な心の葛藤を慮る、<読んで・笑って・観戦して>三倍楽しい猛毒エッセイ三十四篇。
客席の集団エゴと案内嬢のひとりごと、あいまいな日本と優勢勝ち、レスリングのタイツはなぜ乳首をだすのかなど、スポーツ無責任観戦的エッセイ。
モノ・マガジン連載の「スポーツ万華鏡」から抜粋・再構成して書籍化。

「奥田英朗 延長戦に入りました」を探す


9.マドンナ

マドンナ 文庫本 おすすめ度星3つ
単行本:2002年10月/文庫本:2005年12月
いかん、いかん、部下を好きになってはいかんのだ。
42歳の課長さん、17歳年下のキャリアガールに恋をする。おたくの職場、どうよ?
ユーモアとリアリティ。新オフィス小説。
部下に恋をする。
息子がダンサーになりたいと言い出す。
同い年の女性が上司になる。
「課長さん」たちは、そんな時どうする?
そして、その家族の胸のうちは?

「マドンナ」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 マドンナ」を探す


10.野球の国

野球の国 文庫本
ソフトカバー:2003年03月/文庫本:2005年03月
「一人旅は思いがけず楽しかった。/アローンだがロンリーではなかった。一人でどこにでも行けた」
この小説家に必要なもの、それは―――野球場、映画館、マッサージ、うどん、ラーメン、ビール、編集者、CPカンパニーの服・・・・・・そして旅。沖縄へ、四国へ、台湾へ。
地方球場を訪ね、ファームの試合や消化試合を巡るトホホでワンダフルな一人旅。珠玉の紀行エッセイ。

「奥田英朗 野球の国」を探す


11.真夜中のマーチ

真夜中のマーチ 文庫本 おすすめ度星2つ
単行本:2003年10月/文庫本:2006年11月
狙うは10億。オフビート&痛快クライムノベル!
自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。
財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔されてしまう。
それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が・・・!?
直木賞作家が放つ、痛快クライム・ノベルの傑作。

「真夜中のマーチ」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 真夜中のマーチ」を探す


12.空中ブランコ

空中ブランコ 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:2004年04月/文庫本:2008年01月
直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾
伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。
だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が・・・。
この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?

サーカスの花形、空中ブランコでフライヤーを務める公平は最近失敗ばかり、原因は自分にあるらしい。困り果てて伊良部を訪ねたが、伊良部が自分も空中ブランコに乗ってみたいと言ってきかず・・・・・・(「空中ブランコ」)
ほかに「ハリネズミ」「義父のヅラ」「ホットコーナー」「女流作家」を収録、直木賞を受賞した絶好調シリーズ第2弾!

「空中ブランコ」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 空中ブランコ」を探す


13.泳いで帰れ

泳いで帰れ 文庫本
単行本:2004年11月/文庫本:2008年07月
行動しない作家・奥田英朗が、なぜか、アテネオリンピックを観戦することに。
ギリシアの強烈な日差しの中、思い至ったその境地とは!?

思い切って出かけると、こんなわたしでも多少は利口になって帰ってくる。
世界というものがおぼろげながら見えてくる。
悔しいことに、行って損をしたと思ったことがない。きっと旅とはそういうものなのだろう。(本文より)
行動しない作家・奥田英朗が、なぜか、アテネオリンピックを観戦することに。ギリシアの強烈な日差しの中、思い至ったその境地とは!?

「奥田英朗 泳いで帰れ」を探す


14.サウスバウンド

サウスバウンド 文庫本 おすすめ度星3つ
単行本:2005年06月/文庫本:2007年08月
父は国家権力が大嫌い。
どうやらその筋では有名な元過激派で、学校なんて行くなと言ったり、担任の先生にからんだり、とにかくムチャクチャだ。
そんな父が突然、沖縄・西表島(いりおもてじま)に移住すると言い出し、その先でも大騒動に。
父はやっぱり変人なのか? それとも勇者? 家族の絆、仲間の絆をユーモラスに描いた傑作長編。

「サウスバウンド」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 サウスバウンド」を探す


15.ララピポ

ララピポ 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:2005年09月/文庫本:2008年08月
みんな、しあわせなのだろうか。
「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」
対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。
下流文学の白眉。映画化の話題作。

「ララピポ」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 ララピポ」を探す


16.港町食堂

港町食堂 文庫本
単行本:2005年11月/文庫本:2008年05月
嗚呼、奥田英朗よ、どこへ行く。土佐清水、五島列島、礼文島。そこで作家を待ち受けるのは、海の幸、ムカデ、美人ママ。ゆらり揺られて、寄港エッセイ!
旅はいい。感じる風がいつもとちがう。
ただし、わたしは無精者である。誰かに背中を押してもらわないと出かけられないのだ――。
旅雑誌の企画に乗り、さまざまな港町を船で訪れることになった作家・奥田英朗。その行く手には、美女と肴と小事件が待ち受けていた!
土佐清水、五島列島、牡鹿半島、佐渡島、ちょいと足を伸ばして釜山。笑い、毒舌、最後はしみじみの、寄港エッセイ。

「奥田英朗 港町食堂」を探す


17.ガール

ガール 文庫本 おすすめ度星3つ
単行本:2006年01月/文庫本:2009年01月
すべての女性に「これって、私のこと!」と言わしめた爽快ベストセラー
生涯一ガール。結婚しても、仕事してても。
わたし、まだオッケーかな。
ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。
滝川由紀子、32歳。
仕事も順調、おしゃれも楽しい。
でも、ふとした時に、ブルーになっちゃう(表題作)。
ほか、働く女子の気持ちをありえないほど描き込み、話題騒然となった短編集。あなたと彼女のことが、よくわかります。

「ガール」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 ガール」を探す


18.町長選挙

町長選挙 文庫本 おすすめ度星3つ
単行本:2006年04月/文庫本:2009年03月
伊良部、離島に赴任する。
そこは町長選挙の真っ最中で・・・。都下の離れ小島に赴任した精神科医の伊良部は、島を二分して争われる町長選挙に巻き込まれてしまう。あの伊良部が引きこもりに!?
「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」直木賞受賞作「空中ブランコ」から2年。
トンデモ精神科医の暴走ぶり健在。

「町長選挙」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 町長選挙」を探す


19.家日和

家日和 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:2007年04月/文庫本:2010年05月
家庭内の「明るい隙間」を描く傑作短編集
ネットオークションにはまる専業主婦、会社が倒産し主夫となった夫、ロハスに凝る妻に辟易する小説家の夫・・・・・・など。
あたたかい視点で描く新しい家族の肖像。
第20回柴田錬三郎賞受賞作。

「家日和」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 家日和」を探す


20.オリンピックの身代金

オリンピックの身代金 文庫本
単行本:2008年11月/文庫本:2011年09月
小生、東京オリンピックのカイサイをボウガイします――
兄の死を契機に、社会の底辺というべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。
爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は?
吉川英治文学賞受賞作

「東京だけが富と繁栄を享受するなんて、断じて許されないことです。誰かがそれを阻止しなければならない。ぼくに革命を起こす力はありませんが、それでも一矢報いるぐらいのことはできると思います。オリンピック開催を口実に、東京はますます特権的になろうとしています。それを黙って見ているわけにはいかない」――本文より――

「奥田英朗 オリンピックの身代金」を探す


21.用もないのに

用もないのに 文庫本
単行本:2009年05月/文庫本:2012年01月
ほんとうは出不精なんですが・・・・・・
旅の誘いを断われない中年作家が、北京で野球観戦、ニューヨークでジャズ鑑賞、お遍路さんまでやってみた。
出たとこ勝負の珍道中

「奥田英朗 用もないのに」を探す


22.無理

無理 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:2009年09月/文庫本:2012年06月
合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。
相原友則――弱者を主張する身勝手な市民に嫌気がさしているケースワーカー。
久保史恵――東京の大学に進学し、この町を出ようと心に決めている高校2年生。
加藤裕也――暴走族上がりで詐欺まがいの商品を売りつけるセールスマン。
堀部妙子――スーパーの保安員をしながら新興宗教にすがる、孤独な48歳。
山本順一――もっと大きな仕事がしたいと、県議会に打って出る腹づもりの市議会議員。
出口のないこの社会で、彼らに未来は開けるのか。

「無理」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 無理」を探す


23.純平、考え直せ

純平、考え直せ 文庫本 おすすめ度星3つ
単行本:2011年01月/文庫本:2013年12月
坂本純平は気のいい下っ端やくざ。
喧嘩っ早いが、女に甘くて男前。歌舞伎町ではちょっとした人気者だ。
そんな彼が、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられた。
気負い立つ純平だが、それを女に洩らしたことから、ネット上には忠告や冷やかし、声援が飛び交って・・・・・・。
決行まで三日。様々な出会いと別れの末に、純平が選ぶ運命は?
一気読み必至の青春小説!

「純平、考え直せ」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 純平、考え直せ」を探す


24.我が家の問題

我が家の問題 文庫本 おすすめ度星3.5個
単行本:2011年07月/文庫本:2014年06月
夫は仕事ができないらしい。
それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意し――「ハズバンド」。
新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずが――「甘い生活?」。
それぞれの家族に起こる、ささやかだけれど悩ましい「我が家の問題」。
人間ドラマの名手が贈る、くすりと笑えて、ホロリと泣ける平成の家族小説。

「我が家の問題」の【素人目線】レビューはこちら

「奥田英朗 我が家の問題」を探す


25.どちらとも言えません

どちらとも言えません 文庫本
単行本:2011年10月/文庫本:2014年04月
スポーツに興味がなくても、必読。オクダ節エッセイ集
サッカー後進国の振る舞いを恥じ、プロ野球選手の名前をマジメに考え、大相撲の八百長にはやや寛容?スポーツで読み解くニッポン。

「奥田英朗 どちらとも言えません」を探す


スポンサードリンク

ページトップに戻る

商品レビュー

トピックス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページトップに戻る

ページの先頭に戻る